ベラジョンカジノで困ったときのサポート対応時間は?

サポート対応

ベラジョンカジノでは、完全日本語対応のライブチャットとメールでのサポートがあります。それぞれ特徴があるので見ていきます。

その前にベラジョンカジノでは、よくある質問を掲載してありますので、まずは確認をし、それでも解決しない場合にはライブチャットやメールでの問い合わせを利用すると良いでしょう。

ライブチャット営業時間

まずライブチャットですが、すぐに返事が欲しい方におすすめのサポート方法です。平日は11時半から22時半まで、土曜日と日曜日は16時半から22時半の間でライブチャットでのサポートを受けることが出来ます。

ただしサポーターの都合に左右されることもありますので、注意が必要となります。サポーターが回答に困った場合や、なかなかオンラインにならない場合などはライブチャットであっても待たされることはありますので、念頭に置いておきましょう。

ライブチャット中に返答がなかなか返ってこず待ちきれない場合には、メールで回答が欲しい旨をライブチャットで送ると、回答をメールで送ってくれるそうです。

メールサポート営業時間

次にメールサポートは、平日の10時から19時までの間で送信することが可能です。

ライブチャットに比べて返信までに一定の時間があるため、より正確な回答が返ってくることが多いです。またライブチャットのように返信をリアルタイムで待つ必要がないため、自分の時間を過ごすことが出来ます。

ただし返信が来るまでに最長で24時間かかることがあるため、すぐに解決したい問題を質問するには向かないでしょう。

 

また稀にベラジョンカジノからメールの返信が来ないことがあります。その場合は、返信メールが迷惑フォルダに入っている可能性もあるため、チェックしてみましょう。

3日経っても返信がなければ、もう一度問い合わせフォームから質問をするか、ライブチャットで質問をするなどの方法に切り替えて対処していくと良いでしょう。

ベラジョンカジノのライブチャットサポートの使い方

まずは左上の「メニュー」をクリックしてメニューを開きます。次に「I need help」をクリックします。

その後に「チャットを開始する」をクリックします。そうすると質問のカテゴリーを選択する画面が出てくるので、ご自身の質問内容を選択し、「チャットを開始する」をクリックします。そうするとライブチャットサポートを受けることができます。

メールサポートの使い方

次にメールサポートの使い方についてです。ライブチャットと同じく、まずは左上の「メニュー」をクリックしてメニューを開きます。次に「I need help」をクリックします。その後に「メール送信」をクリックします。

次の画面では実際に質問事項を入力していきます。まずベラジョンカジノに登録している名前を入力します。

次にベラジョンカジノに登録しているメールアドレスを入力します。次にお問い合わせ理由として適当なものを選択します。次に質問内容を入力します。ここまで終わりましたら最後に「メール送信」をクリックして完了です。

ベラジョンカジノのサポートの良い点と悪い点

まず良い点として多く挙げられていたのが、完全日本語対応で問い合わせがスムーズに進むという意見です。

英語が苦手な方でも安心してやりとりを行うことが出来ます。さらにライブチャットの返信が早いという意見も多く挙げられていました。問い合わせの内容に対してほぼリアルタイムで返信をしてくれる上に、きちんとした回答が返ってくるといった評価が多いようです。

次に悪い点についてですが、ライブチャットでのやりとりであっても難しい内容の場合にはメール対応に移行するため、やりとりが面倒になるという意見がありました。これはお客さんを待たせない配慮だとは思われますが、1回のやりとりで解決しない場合には、メールでのやりとりが続くことになるため、かなり煩雑になってしまうそうです。

 

次にアカウント関係の問い合わせについては解決までに時間がかかるという点です。

これはセキュリティ上の観点から、ログイン情報や免許証等の提示が必要になるためです。そもそもこれらの情報を提示するまでに時間を要するため、おのずと解決するまでの時間もかかってしまうということです。

サポートの悪い点についても、丁寧に的確な回答をするためであったり、個人情報をきちんと保護するための対策であったりするため、時間や手間がかかる点を除けば、ベラジョンカジノはとても良心的で個人情報の取り扱いをきちんとしているところだと感じます。

ちなみにベラジョンカジノでは、電話でのサポートは行っておりません。

世界中にプレイヤーがいるため、各言語に対応する人材を置くことが困難なためと言われています。とは言え日本語でライブチャットやメールでの問い合わせができるだけでも、便利だと言えます。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました