ベラジョンカジノで稼ぐための攻略法は必須レベル

攻略法

攻略法についてですが、まず前提としてギャンブルは必ず胴元が儲かるように設定されています。ベラジョンカジノにおいても同様で、年間を通して95%前後のペイアウト率を維持しています。

ですので、短期的に良い結果が出たとしても長期的にみると収支はペイアウト率に収束してしまうということになります。

しかしながら少数のギャンブラーは、様々な制度をかいくぐり、多くの勝利金を手にしているのもまた事実です。ここでプロギャンブラーと呼ばれる人たちがどのような方法でベラジョンカジノを攻略しているかを紹介していきます。

 

まずはボーナスを有効活用することが重要です。ベラジョンカジノではボーナスを制する者は必ず収支をプラスにできると言われているほどです。その中でもずばりボーナスはスロットで活用するのがおすすめです。

ベラジョンカジノでもらえるボーナスは様々な種類がありますが、出金するためにはフリースピン・スピンクレジットボーナスを有効活用することが必須です。このボーナスは、スロットを無料で楽しむことができるボーナスです。

メールでキャンペーンの内容が届き、入金額に応じて付与される仕組みとなっています。フリースピンやスピンクレジットをもらう前に、入金した後のボーナス付与条件をクリアすることが必要です。

ボーナスをもらうための条件は、入金金額の50%をベットすることです。これはベットに対する条件なのでゲームでの勝敗は関係ありません。

もしプラス収支でこの条件をクリアすることができたら、それこそ100%勝てる攻略法になるということです。もしもゲームで負けてしまったとしても簡単に収支を逆転することができるのでご安心ください。

 

こうしてボーナス付与条件をクリアしたら現金として出金します。これが攻略法の肝であり、ボーナス付与までには一定の時間がかかるため、現金として1度出金してしまった方が得策なのです。

そうして出金したボーナスは、特定のスロットでベットしていくと良いでしょう。特定のスロットとは、天井機能搭載型のスロットのことです。これらのスロットは、ある図柄が画面上に停止した回数が天井に達すると、ボーナスゲームが始まる仕組みになっています。

つまり、フリースピン・スピンクレジットのために入金をし、ボーナスを付与してもらい、そのボーナスを出金し、それを使ってスロットで遊びます。そして天井到達前でスロットをやめ、さらに現金を入金して天井に到達させるという流れです。

天井到達型のスロットは、1祖プレイを中断しても図柄停止回数が引き継がれるため、この機能を利用してゲームを行うと、配当をそのまま出金することが可能となるため、おすすめの方法です。

 

次に入出金の手数料を管理することが重要です。1番お得な入出金方法は、クレジットカード入金で銀行出金となります。

複数のオンラインカジノを利用している場合は、電子決済での入出金も有効だと言えますが、ベラジョンカジノしか利用していない場合は、電子決済で入出金を行うと余計な手数料を支払っていることになりますので、吟味することが必要です。

電子決済の中でもエコペイズを利用すると手数料が少なくすむことは有名ですが、調べてみると意外と手数料を支払っていることになります。これらの手数料はクレジットカード入金や銀行出金の際にも発生していますが、その他の方法ではこれに加えて為替手数料と海外銀行送金手数料がかかります、これらが余計にかかるため、クレジットカード入金で銀行出金を推奨しているのです。

 

次に勝てるゲームを選ぶことも重要です。ハウスエッジ(胴元の取り分)を確認して、できるだけ有利なゲームで遊びましょう。ギャンブルは、先述したように胴元が勝つように作られているので、したがってハウスエッジがマイナスになることはあり得ません。そのため、ハウスエッジができるだけ小さいゲームを選んでプレイすることが重要です。

実際に比較してみると、ブラックジャックのハウスエッジが飛びぬけて小さいため、プレイヤーがより勝ちやすいゲームということになります。

 

ただしハウスエッジを気にするだけでは、長期間プレイする際には必ず負けてしまうことになりますので、別にゲームのテクニックが必要となってきます。

まずはココモ法という手法について見ていきます。ココモ法とは、マーチンゲール法に似ていますが、マーチンゲール法の欠点を補っている手法と言えます。

負けが続くたびに賭け金を増やしていき、それまでの連敗分の損失を1度の勝利で取り戻すことを目的としています。ベット額の上限は抑えられていますが、損失を一気に取り戻すハイリスクなテクニックに変わりはありませんので、十分に気を付ける必要があります。ココモ法のルールは、最初と2回目の賭け金は変えずに、3回目以降の賭け金から前回と前々回の賭け金の合計額をベットしていくというものです。ココモ法は、基本的にルーレットやコラムベットやダズンベットで使用することになるでしょう。

 

次にモンテカルロ法です。モンテカルロ法とは、数列を使用したベッティングシステムです。ココモ法のように1回の勝利でそれまでの損失を取り戻すことはできませんが、長期的に見た場合にとても有効なテクニックと言えます。

この手法を長期的に再現することができれば、高確率で長期的に利益をあげていくことができます。この手法では、数列を使用するので、メモ用紙やエクセルなどのアプリを使用しながら計算していく必要があります。

 

次にパーレー法です。勝つたびに賭け金を増やしていくという手法なので、うまく連勝するとおおきな配当を生み出すことができますが、連勝途中で負けてしまうと一気に勝ち分がなくなってしまうので、やめどきが非常に重要となる手法です。

パーレー法は、勝つたびにベット額を2倍にしていくというものですので、マーチンゲール法の負けた時にベット額の2倍を賭ける場合とは逆パターンの手法と言えます。短期間で大きな利益を狙うハイリスクハイリターンな手法ですので、注意が必要です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました