花魁ドリーム実戦。大当たりラッシュの継続率や出玉を調査

スロット

最近新しいドリームという形で遊ばれている花魁ドリーム。
JTGが開発した機種と似たような方向性を持っていますが、果たして違いはあるのでしょうか。
実践からその情報を見ていくのが何よりも重要なポイントです。

この記事では、花魁ドリームの動き方や勝利方法などを紹介します。

花魁ドリームとは?

花魁ドリームはJTGが開発したスロットです。
最近作られた機種として、ハワイアンドリームと同じように多くのオンラインカジノに導入されています。
もちろんベラジョンカジノでも遊べる機種であり、ユーザーからどのような動きをするのか注目されています。

花魁ドリームの画面は以下の画像のようになります。

スロットは3リールに3つの絵柄を表示させる方法であり、クラシックスロット形式となります。
基本的な概要はJTGの有名機種であるハワイアンドリームと同じ方法です。
花魁を全面に押し出すため、昔のイメージを全面に押し出すような背景が採用されています。

画面下にはボタンが用意されていますが、ボタンは以下の機能を変更できます。

  • 中央のボタン:スロットを回す
  • 左側の小さいボタン:オートプレイのボタン
  • 中央の小さいボタン:スロットのスピード変更
  • 右側の小さいボタン:賭け金の変更

花魁ドリームはリールが停止するまでに時間がかかってしまうため、スロットのスピードは上昇させたほうが遊びやすくなります。
オートプレイは最低で10回から選択できるため、まずは10回でオートプレイの感じを確かめてみましょう。

花魁ドリームの仕組み

花魁ドリームは通常時に「7」を揃える、またはリスピンを繰り返して「7」を揃えられるように調整し、ラッシュに突入させないと勝てません。
これはJTGのハワイアンドリームと全く同じです。
ただ、追加の演出やボーナスが用意されており、ラッシュ突入は起こりやすくなっています。

通常時はどのような形でもいいのでラッシュを狙いましょう。
ラッシュに入ればフリースピンで一気に配当を増やせます。
通常時はマイナスになる傾向が多いため、早めのラッシュ突入を祈りましょう。

ラッシュ突入後は7回のフリースピンに突入、フリースピン終了時に7が揃えばラッシュ継続となります。
フリースピン終了時に7が揃わなかったタイミングでラッシュは終了し、通常時に戻ります。
また、フリースピン中に高配当を得られる7が揃う場合があり、この場合は追加の配当を獲得してラッシュを継続できます。

花魁ドリームの動き方を実践から見る

ここからは花魁ドリームの動き方を実戦形式で見ていきます。

ハワイアンドリームと違い、通常時も比較的小役が揃いやすいように感じます。
また、高配当についても出やすい傾向があり、お金に優しいスロットのような感じを受けました。

このように通常時でも18倍程度なら結構出てきます。
他にも2倍以上の配当を獲得できるため、コイン持ちは割といい傾向があります。

リスピンの絵柄ももちろん含まれています。
リスピンが3回揃うと確定で7が揃うように作られており、ラッシュ突入の契機になります。
しかし、今回は2回目のリスピンさえ揃わない状況が続いたため、ラッシュ突入は別の方法で行うことになりました。

突然やってくる家紋ボーナス

突然このような演出が発生します。
これは家紋ボーナスと呼ばれるもので、上手に使えばラッシュ確定、更には配当もかなり得られた状態になるという夢のチャンスです。
しかし、運が悪いとすぐに終わってしまうという残念なチャンスでもあります。

ルールはサイコロを振り、出た目に沿ってマスを進めます。
UPと書かれているマスに突入すると1段上昇し、最終的に7まで到達すればラッシュ確定です。
1度止まったマスに再び止まるとチャンスは終了します。

中には10倍程度の配当を獲得できるマスもあるため、割と配当を稼ぎながらラッシュ突入を狙えそうな気がします。
しかし、運が悪いとこのような感じで終わります。

2回目で同じマスに止まり終了しました。
こんな状態ではどれだけいいチャンスも稼げません。

花魁ドリームの演出

花魁ドリームはあまり演出が多くありません。
特殊な演出についてはほぼ確認できない状況で、通常時は淡々とゲームを進めていくような感じになります。
ラッシュに突入すれば演出も多くなるため、割と遊びやすくなるでしょう。

通常時の状態があまり好きではない人は、高速で回すなどの対応を取ると演出面の不満を解消しやすくなります。

花魁ドリームのラッシュ

花魁ドリームは虹7とピンク7の2つが用意されていますが、7が揃えば同じようなラッシュに突入します。
リスピンによるラッシュ突入ではなく、7揃いを直撃させてラッシュ突入という形になりました。
リスピンが揃わなくても比較的ラッシュには入りやすいように感じます。

ラッシュ中は役を揃えて配当を増やします。
高配当もたまにありますが、あまり多くの配当を得られないタイミングも多くあります。
最後に7を揃えればラッシュ継続となるため、とりあえずラッシュ継続ができれば安心できます。

このように7が揃えば安心です。
一応ラッシュ継続確定の演出もありますので、演出が入ればより安心できるでしょう。
後は高配当の絵柄を揃えてラッシュ時の配当が増えれば満足できます。

高配当のチャンスに突入

何度か回しているとラッシュ中にこのような状態となりました。

月が光り、通常ではない7が揃っています。
この7が揃うとDoki Dokiタイムに突入します。

Doki Dokiタイムは、連打か一撃のどちらかを選び、マウスでクリックすると固定の配当が得られます。
連打の場合は連続で押さないと配当が得られなくなります。
面倒であれば一撃を選んだほうが楽です。

今回は一撃を選んで19倍の配当を得られました。
特殊なチャンスではありますが、あまり倍率自体は多くなかったです。
花魁のコスチュームによっては、最大200倍程度の配当も期待できます。

ラッシュ終了時の配当はこのようになりました。
最終的には8回の継続で73.8ドルの配当を受け取りました。
金額としては満足できる数字です。

今回の収支

今回はラッシュである程度回収できたものの、最終的な収支はマイナスで終わっています。
とにかくラッシュに入るのが遅く、ラッシュ突入までに多くの金額を失ってしまったためです。
早くラッシュに入ればプラスで終われたので残念に感じています。

花魁ドリームもハマる時はかなりハマる傾向があり、ラッシュ突入に200以上回さないと当たらないという事例も多々見られます。
ラッシュ突入までに多くの金額を使ってしまうため、ある程度軍資金を持った状態でプレイしたほうがいいです。
ただ、他のドリーム系機種に比べると、小役が揃いやすくコイン持ちについては悪くない傾向が見られます。

収支としては満足できるような金額ではありませんが、割とチャンスはある機種です。
運が良ければ高継続と高配当のチャンスを得られるため、一気に配当を増やせるでしょう。

まとめ

花魁ドリームは新しいドリームとして期待されており、ラッシュのフリースピン回数は削られていますが、その分だけ配当を増やすチャンスが用意されています。
また、通常時もコイン持ちが悪くないゲーム性を採用しているため、ハワイアンドリームのようにお金がないという状況は起こりづらい傾向があります。

花魁ドリームもパチスロに近い挙動を持っているため、勝てる時は勝てますが負ける時は負けます。
運が悪いとかなりのハマりが見られるため気をつけておきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました